妊娠中にインフルエンザになったら?

妊娠中にインフルエンザになったらどうなるんでしょう?赤ちゃんに悪影響はないのか考えると不安ですよね。そんな気になる情報をこのサイトに載せていきたいと思います。その情報によって妊婦さんの不安を取り除く事が出来れば幸いです。

職場でできるインフルエンザ予防対策とは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することで発症するもので、高熱や関節痛など、一般的な風邪に比べ重度の症状を引き起こします。人から人への感染力が強く、発症後一週間程度はウイルスを保有しているとも言われるため、多くの人が集まるような場所ではインフルエンザ予防対策が必須となります。
特に沢山の人達が出入りする職場は感染しやすい状況にあり、感染の拡大が企業の利益に多大な影響を与えるだけでなく、場合によっては社会的な影響も考えられるため、速やかに感染の拡大を防ぐ必要があります。
インフルエンザの感染経路には、接触感染と飛沫感染の2つがあります。接触感染は、ウイルス保有者との直接的な接触か、あるいは間接的な接触によるものです。直接的な接触は、皮膚や粘膜が直接触れ合うことで感染します。間接的な接触は、ウイルス保有者がくしゃみをした手でドアノブを触り、他の人がそのドアノブを触った手で目をこすったり、口や鼻の粘膜部分に触れることで感染します。
飛沫感染は、ウイルス保有者がくしゃみや咳をし、これを他の人が吸い込むことで感染します。
職場でできる代表的なインフルエンザ予防対策には、インフルエンザワクチンの予防摂取があります。ワクチンは毎年、その年に流行するだろう型に対応したものが製造されます。予防接種をしたところで、必ずしもインフルエンザに感染しないという訳ではありませんが、発症率が下がり、仮に発症したとしても症状が軽減され重症化しないこともわかっています。また、近年は流行するだろう型の予測確度も高くなっており、非常に有効なインフルエンザ予防対策の一つとなっています。
他に職場で実践すべき予防対策には、発症者の出勤管理、手洗い、うがい、共用部分の消毒、マスクの励行があります。特に発症者の出勤については、短期的には有益でも長期的には無益となることが多いため、出来る限り出勤しないよう促します。