妊娠中にインフルエンザになったら?

妊娠中にインフルエンザになったらどうなるんでしょう?赤ちゃんに悪影響はないのか考えると不安ですよね。そんな気になる情報をこのサイトに載せていきたいと思います。その情報によって妊婦さんの不安を取り除く事が出来れば幸いです。

小児のためのインフルエンザ対策について

毎年冬が来る時期になると、忙しいだけではなくて風邪やインフルエンザも流行しだすので、小さな子供を持つ親としては頭を抱えてしまうものです。予防接種でワクチンを受けていてもかかる時はかかりますが、小児でも元気に過ごせるための対策は、少しでも多くしておく事に越したことはありません。

インフルエンザ自体は高熱等で対処がまだしやすいものの、そのほかにも様々な症状を引き起こして脳症になったり、けいれんを起こしたり、肺炎なども起こったりします。これらの対策のために、予防接種も効果があるのです。小児には元々予防接種も聞きにくいと言われているので躊躇する親御さんもいますが、予防接種を受ける事でインフルエンザにかかる事はあっても、その重症化は防げるだろうと考えられています。

ただし、予防接種を打ったからそれで対策は終了という訳ではありません。小児でもかかりうる病気の一つなのですから、なるべく人混みの中に入るのは避け、そして帰宅したら手洗いうがいなどを励行するのは必須となります。また、家族全員が予防接種をする事で、インフルエンザウイルスを寄せ付けにくくなりますので、小さな子だけ受けておくというのではなく、皆で一緒に病院に出かけて受診するというようにしてみて下さい。

また、日々の食事は栄養バランスを考えてしっかり食べる事も大切ですし、夜更かしなどもしないで早く眠る事でウイルスなども撃退できます。病院にも必要に応じてすぐに出かけられるような体制を取りながら、もしかかってしまった時にはまず状態を確認して、酷いと感じられたら診てもらいに行って下さい。小さな子供の健康を守る事ができるのは親だけなのですから、しっかりと体調管理をしてあげましょう。