妊娠中にインフルエンザになったら?

妊娠中にインフルエンザになったらどうなるんでしょう?赤ちゃんに悪影響はないのか考えると不安ですよね。そんな気になる情報をこのサイトに載せていきたいと思います。その情報によって妊婦さんの不安を取り除く事が出来れば幸いです。

伝染病インフルエンザは5日外出しない方が良い

一般的にインフルエンザ等の伝染病にかかってしまった場合、人に移して病気を広げてしまう可能性が高いですので、発症後5日を経過するまでは外出してはいけないとされています。特に学校等の大勢の人が集まる場所で伝染病を広げてしまうわけにはいきませんので、出席停止の要件としてはこの5日という数字が非常に重要視されています。とにかく伝染病はなるべく自分以外の人に広めてしまわないようにすることが大切なのです。
なのでインフルエンザにかかってしまった場合、とにかく大人しく5日間は家で安静にしていれば良いのです。安静はインフルエンザを治療する為の何よりの薬となります。なのでしっかりと養生する必要があります。
しかし現実にはこの発症後5日間は外出しない方が良いということを知っているにも関わらず、外出しようとする人も沢山いるものです。そしてそれは会社員に多い傾向があります。会社員というのは通常自分の仕事をしっかりとこなさなければ、昇進や昇給などが望めないとされています。しかしインフルエンザにかかってしまうとかなり長い間欠勤することになってしまうので、そもそもインフルエンザにかかってしまったことを隠して無理しながら出勤しようとする人もいるのです。これは本人以外の人にとっては、非常に迷惑な行動なのです。例え本人が無理してインフルエンザであることを隠して出勤したとしても、しっかりと仕事が出来るわけはありません。インフルエンザはとにかく高熱が出て普通の風邪よりも苦しくなることが多いのですから、しっかりとしたパフォーマンスを発揮できるわけがないのです。それに他の人の迷惑にもなってしまいますので、やはり自宅で安静にしているべきなのです。