妊娠中にインフルエンザになったら?

妊娠中にインフルエンザになったら?

妊娠中にインフルエンザになったらどうなるんでしょう?赤ちゃんに悪影響はないのか考えると不安ですよね。そんな気になる情報をこのサイトに載せていきたいと思います。その情報によって妊婦さんの不安を取り除く事が出来れば幸いです。

妊娠中にインフルエンザワクチン接種でも問題ない

妊娠するとインフルエンザワクチンを接種してはいけないと思い込んでいる人が、意外と多いものです。やはりワクチンイコール薬だと思ってしまう人が世の中には多いものなので、ある意味で仕方のないことだとも言えます。しかし実は妊娠中にインフルエンザワクチンを接種しても、何も問題がないのです。なので妊婦はインフルエンザが流行する季節になったならば、積極的に予防接種を受けても良いのです。そもそもどうして妊娠中にインフルエンザワクチン接種を受けても、お腹の赤ちゃんには影響がないのでしょうか。その原因の一つに、インフルエンザ予防接種は不活化のものを使って行われるからという点があります。つまりインフルエンザの毒性については死滅させた上で、病気を予防する目的の為だけに作られたワクチンが不活化ワクチンなので、妊娠中の女性でも安心して接種を受けることが出来るというわけなのです。この事実を知っておいた上で予防接種を受けるならば、心理的にも安心するに違いないのです。妊婦が万が一予防接種を受けるのを躊躇っていてインフルエンザになってしまった場合、大変辛い思いをしてしまうことになります。特に妊婦というのは定期的に妊婦健診等にも行かないといけなくて大変忙しいので、余計病気になどなっている暇ではないのです。幸いにしてインフルエンザというのは予防接種で予防出来る病気なのですから、妊婦でも受けることが出来ると分かった以上は、積極的に受けるようにしていくべきなのです。そしてもちろん妊婦健診以外の不要不急の外出をしないということも、忘れないようにしなければいけないのです。しっかりと健康に留意して、元気な赤ちゃんを産みましょう。

抗インフルエンザ薬による赤ちゃんへの影響

老若男女どんな人でもインフルエンザにかかる可能性はありますので、日頃から手洗いうがいなどの励行は本当に大切です。特に母親や妊婦の方などは、赤ちゃんへの影響が出る可能性もありますので、インフルエンザにかからないように健康管理に気をつけていくようにしましょう。特に妊娠中は免疫力が低下しているので、病気にもかかりやすいです。高熱の症状等が出るだけでなく、心臓や肺などにも負担がかかっていますので、いろんな症状が出て重症化するケースも多いのです。妊娠中でも抗インフルエンザの薬を使っている実績がありますので、もしもかかってしまったという時には行きつけの産婦人科などにも相談してみましょう。流産や早産など、様々なトラブルが気になるとは思いますが、これまではそうした事例もなく安全に使われています。また、小さな子供に母乳を与えている時期にインフルエンザにかかったらどうしようと思う事もあるかもしれません。内服薬として知られているタミフルの場合は、母乳に成分が出てくることが知られていますが、それでもごく微量なので赤ちゃんが飲む分には影響がないと考えられています。外用薬であるリレンザ等については吸入薬なので母乳には殆ど影響はないので授乳しても問題ないだろうと考えられています。母乳を与える時には、赤ちゃんにインフルエンザをうつさないように母親が手洗いうがいなどをしたりして、清潔な状態で授乳をする事を心がけたいものです。それでもやはり心配な面はありますので、できれば搾乳した母乳を他の人に与えてもらうというのでもいいでしょう。母乳を飲ませることでインフルエンザの抗体が赤ちゃんにも出来ますので、できる限り飲ませてあげて下さい。

新型インフルエンザに感染したら

新型のインフルエンザに感染してしまったら、高熱等の風邪にも似た非常に辛い症状に長い間悩まされることになってしまいます。なのでインフルエンザに感染したなと自分で自覚することが出来たのならば、一刻も早く病院に行って診察をしてもらって治療を受ける必要があるのです。新型だろうが旧型だろうが、インフルエンザにかかってしまったとしても、早めに病院に行けばそれ程辛い症状を出さずに完治させることも出来るものです。何故なら医者がタミフル等のインフルエンザによく効く薬を処方してくれるからです。しかしタミフルはインフルエンザの症状を自覚してからなるべく早めに服用しないと効果があまりないとも言われています。だからこそ少しでも体調の変化を感じたら、すぐに最寄の病院に行って診てもらう必要があるのです。それからインフルエンザに感染して病院に行ってきた場合、その後は完全に治るまではどこにも行かずに、自宅で安静に寝ている必要があります。どのような病気であれ、睡眠をたっぷりとることで、早期に病気を治していくことが出来るものなのです。後は栄養と滋養のある食べ物をしっかり家族の人に作ってもらって食べることも大切です。それからインフルエンザに感染してしまった場合、いくら自宅でもやらなければいけない仕事が沢山ある場合でも、やらない方が良いに決まっています。せっかく仕事を休んで自宅で安静にしているというのに自宅で仕事をしたら、会社を休んだ意味がなくなってしまいます。なぜなら身体に鞭打って働くことで、余計インフルエンザの治りを遅くしてしまうことになるからです。なのでとにかく病気が完全に治るまでは安静に徹することを心がけなければいけません。

■ウイルスの自衛手段などについてはこちら
インフルエンザ予防にマスクは効果あり?
■薬の通販サイトが今アツい!
タミフルが自宅に届く!